手賀沼サンセット

作詞・作曲 永井真人

橋の向こうに自転車で走れ

ふたり並んで風をきるの

 

伸びをしてから土手に寝転んで

空を眺めてる 君が好きです

 

時間が止まらないことは知ってるけど心のなかでお願いしていたのAh

一番星が輝きはじめてる  オレンジ色が地平線に消えたAh

 

 手賀沼SUNSET 勇気をください

 手をつないで 寄り添って すこし夢を見させて

 手賀沼SUNSET 勇気をください

 いつだって ふざけてる 君が静かに見つめるから

 

 

ねぐらに帰る水鳥の群れが

南の空に描く軌跡

 

小さな声で大好きな歌を

歌ってくれた君が好きです

 

夢なら覚めないで ありがちな日々のふざけあう二人の距離を飛び越えたい。

一番星が輝きはじめてる オレンジ色が地平線に消えたAh

 

手賀沼SUNSET 勇気をください

なにげない優しさを味方につけて

手賀沼SUNSET 勇気をください

おそろいの思い出をたくさんつくっていきたいから

 

 

手賀沼SUNSET 勇気をください

手をつないで 寄り添って すこし夢を見させて

手賀沼SUNSET 勇気をください

いつだって ふざけてる 君が静かに見つめるから